キツイつり目だったのでたれ目形成を実施しました

すぐにカウンセリングを行ってもらうことができました

キツイつり目であることが長年の悩みでしたすぐにカウンセリングを行ってもらうことができましたたれ目形成を実施する勇気を出して良かった

早速クリニックの予約を取り、いつでも良かったのですぐにカウンセリングを行ってもらうことができました。
説明を聞いてもたれ目形成をしたいという気持ちは変わらなかったので、目をつけていた切開での施術を依頼することにしたのです。
切開によるたれ目形成では、全身麻酔ではなく局所麻酔が行われました。
局所麻酔なのでしっかりと意識はあり、手術中は怖かったですし、早く終わってほしいとずっと祈っていました。
施術後には腫れが目立っていましたし、本当に可愛くなれるのだろうかという不安でいっぱいだったのですが、取り敢えず抜糸までの1週間様子を見ることになったのです。
仕事も辞めたのでわざわざ外出する必要はなく、食べ物を買い溜めておいたので抜糸までは家から出ずに過ごしました。
1週間後に抜糸でしたが、その頃には腫れもおさまっていました。
抜糸が終わってからしばらく経つと、違和感のない自然な目になっていましたが、理想としていた癒し系のたれ目になることができていたのです。
手術に成功したら他のお店で働くつもりでいたので、早速目をつけていたお店の面接を受け、すぐに以前働いていた場所とは別のお店で働くことに決まりました。
新しい場所で働くようになってからは、つり目であることで馬鹿にされることもありません。